実は投資での所得には税金がかかります。それは知っておかなければならないでしょう。

投資に魔法はない!正しい知識を身につけよう
TOPICS

税金の問題もある

しっかりと投資の事を勉強していない人があまり知らない事の一つに、投資での利益に税金がかかるという点が挙げられるでしょうね。
実はこれ、投資を行っている人にとっては常識なのですが、投資初心者はあまり知らない部分だったりするのです。
そのため、投資での利益を全て「自分のもの」と考えてしまう傾向にあるのです。
証券会社の中には利益から源泉徴収を引いた額を支払うタイプのものもあるのですが、正しく税金を支払うためにも、年間で20万円以上の利益が出た場合には確定申告をしなければならないのです。
投資での利益とはいえ、所得である事には変わりません。
そのため、税金がかかるのですが、この部分はあまり知られていないのです。
そのため、投資での利益をそのまま使ってしまい、後から追徴課税を受ける事になってしまい、支払う事が出来ない状態となってしまうというケースもあるほどなのです。
税金は損失を出している分にはかからないものですが、利益となっている部分にかかるものです。
さらには翌年に請求されるものですので、利益を出したからと言って調子に乗ってお金を使いすぎると大変な事になってしまいます。
株式投資で500万円儲けて調子に乗って全額使ってしまったら、後々税金を請求された際、「そんな大金は支払えない」といった事になってしまいますので、そのような事にならないよう、気をつけなければならない部分です。
特に投資の場合、得てして大金になってしまいがちです。
ですので、投資での利益には税金がかかるという事実は知っておかなければならない部分と言えるでしょう。
証券会社まで出向いて株式投資などを行っていた時代であればこのような事は証券マンがしっかりとレクチャーしてくれていた事でした。
ですがインターネットのおかげで投資が身近なものになり、それこそルールがよく解っていなくとも簡単に投資を行う事が出来るような時代となっている今の時代では、税金面でのレクチャーをしてくれる人がいないのでしょう。
そのためにこのような問題が起きてしまっているとも言えますからね。
知らないからといって税金が免除されるものではありません。
知らないからといってもしっかりと支払わされる事になりますので、税金面の事もしっかりと考えなければならないでしょう。
投資での利益はバレないと思っている人もいるかもしれませんが、証券会社から筒抜けになっていると言っても過言ではありませんからね。