必ず勝てるものではありません。負ける事、つまりは損失を出す事も考えましょう。

投資に魔法はない!正しい知識を身につけよう
TOPICS

負ける事も考慮しよう

出来れば儲けたいです。
これは投資を行う人全てがそのように思っている事なのではないでしょうか。
むしろ儲けないつもりで投資を行う人の方が珍しいでしょうからね。
ですが、投資は運の要素もあります。
投資で儲けている人であっても、どの投資でも必ず利益を出している訳ではありません。
トータルで見て利益となっているのであって、個別の銘柄で見てみると負けているものだって珍しくないのです。
大切なのは「総合的に」勝利する事です。
これが求められているのです。
ですから負けてしまう事もあるでしょうが、その際に大切なのはどのように負けるかなのです。
例えば投資の際、損失となっても「そのうち上がるのではないか」といった思いから、中々切れないケースは多々あるのではないでしょうか。
もしかしたらもっと上がるのではませんか。
そのような期待を持たせてくれるのも投資の良い部分ではあるのですが、いわゆる「損切り」が出来ないと更に損失が増えてしまう可能性があります。
利益を出すためには、儲ける事も大切ですが、損失を抑える事もまた、とても大切になってくるのです。
儲けが出ている銘柄があるのに損失を出している銘柄の損失がとても大きいとなると、「総合的に」儲けにする事がとても難しくなってくるでしょう。
ですから、投資の世界で儲けようと思ったら、いかに儲けるかの事を考えるのもとても大切なのですが、損をしないか・抑えますか。
この点がとても大切になってくるのです。
極論ではありますが、どの銘柄もあまり利益は出ていないものの損をしていないのであれば、思い描いているような大きな利益にはならなくとも、損失は生みません。
投資は人それぞれの目的があるでしょう。
それこそ一攫千金を狙っている人だっているかもしれません。
確かにそのくらいの資産を築いている人もいますが、一瞬でそこまでの資産を築けるものではありません。
特に投資の場合、ハイリスクハイリターンとも言われています。
投資額が多ければ多いほど、それに見合った利益となりますので、投資を始めたうちは中々資産が増えなくて大変でしょう。
ですがそのような時だからこそ損をしません。
そのように心掛けるべきでしょう。
投資を始めた頃は株を買う行為そのものが楽しくてついつい無駄な株を購入してしまうケースも多いのですが、それこそ「無駄な損失」だと考えるべきでしょう。
買わなければ損をしないのです。
これをしっかりと頭に入れておくべきでしょう。

ウワサのこのネタ、役立つこのサイトが手軽で便利です