負けそうになった時にどうすべきか。これも知っておきましょう。

投資に魔法はない!正しい知識を身につけよう
TOPICS

負けそうになった時の「術」?

自分が投資した銘柄の株価が急落しています。
そのようなシーンとなると、文字通り顔面が真っ青になってしまうのではないでしょうか。
「終わった」と感じてしまう人も多いでしょうし、どうすれば良いのか解らします。
投資など行なうのではなかったです…。
といったように、様々な思いが逡巡するのではないでしょうか。
投資ではありがちな話ではあるのですが、そのような時にはどうすべきなのでしょう。
これはいくつか方法があります。
まずは何もしないという方法です。
これもまた、立派な「方法」と言えるでしょう。
誰も将来の事は解りません。
いずれ株価が高まるかもしれないですから、それを待つのも立派な「方法」と言えるでしょう。
何もしていないのではなく「待つ」のも立派な選択肢です。
また、その場で売却してしまうのも一つの方法でしょう。
もっと下がいます。
そのような予測があるのであれば、下がってから売ったら更に大きな損失を被る事になってしまいますからね。
ですので、そのような事になる前に売り、「被害」を最小限に抑えます。
これもまた、一つの方法と言えるでしょう。
気持ちを切り替えるのも大切ですからね。
積極的な方法としては買い足しという方法があります。
例えば10万円の株が7万円まで下がます。
顔面蒼白となってしまうでしょう。
さすがに利益どころかもう10万円まで戻る事もないのではないかという気もしますか…。
このような時、7万円で株を購入するのです。
すると、それまで10万円で購入した株を1つ保持していたのが、7万円で買い足す事で、17万円で2株です。
つまりは平均購入額を引き下げる事が出来るのです。
買い足せる量が多ければ多いほど、平均購入額を下げる事が出来ますよね。
例えばですが、先のケースであれば9株買い足します。
すると、1株10万円だった平均取得額が、9株63万円で買い足すのですから、10株で73万円の平均取得額になりますよね。
1株辺り73000円で購入した事になりますので、7万円からであれば73000円くらいになら上昇する可能性もあるでしょう。
そして平均取得額を上回った時に売却し、損失になっていたであろう額を帳消しにします。
このような方法もあるのです。
むしろこれは知っておくべきでしょう。
ですので、投資は資産の全てをつぎ込むのではなく、ある程度余力を残しておいた方が良いのです。
余力がなければ買い足す事が出来ませんから、株価の動向を見て待つか売るかしかありませんので、選択肢が消極的なのです。