信用取引はあるいみ「禁断の果実」、と言っても良いでしょうか。

投資に魔法はない!正しい知識を身につけよう
TOPICS

信用取引って?

様々な投資がある中でも、多くの利益を得たいと思っている人にとって、信用取引は注目すべき投資術かもしれません。
場合によっては一生涯かかっても稼げないような額の利益を得る事だって出来るようになるでしょうからね。
そもそも信用取引とはどのようなものなのか。
この点が疑問だという人もいるでしょうが、信用取引とは、言うなれば自分自身の「信用」を盾に、自分の資産以上の取引を行なうのです。
簡単に言えばお金を借りて投資を行なうのです。
自分の資産以上の投資が行なえますので、利益になった時の見返りはとても大きいものがあります。
一方で、損失を出してしまうと、それこそ自己破産しかもう生きる道がない…といった事になってしまいます。
信用取引に関しては投資の世界でも賛否両論です。
必ず株価が上がると解っているのであれば良いでしょうが、そのような状況というのはそうそうないでしょうからね。
ですので、信用取引はとても危険なものなのです。
手っ取り早く利益を狙えるものではあるのですが、大きな損失を生む事もあります。
先物取引に対して現物取引があります。
これは自分の資産の中だけで運用する投資ですので、自分の資産以上の損失を出す事はありません。
証券口座にあるお金がいくらであっても、0円以下、つまりはマイナスになる事はありません。
ですが先物の場合、その可能性もあるのです。
とても自分だけでは支払いきれません。
そのようなケースもありますので、投資の際には現物のみで行うようにしているという人も珍しくありません。
現物取引であれば自分が何とか出来るレベルでの買い物になりますので、資産がマイナスになる、つまりは借金を背負う事はありません。
資産が無くなる事はあっても、借金になる事はありません。
ですが先物に関してはマイナスになる可能性がありますので、気をつけなければならないでしょう。
特にインターネットで投資を行なえるようになった今、先物取引のデメリットの部分をあまり調べず、利益面だけを見て「儲かる方法だ!」と意気込み、何となく行なってみたものの一気に資産を溶かしてしまう。
そのような人もいますので、先物取引に関しては投資の知識をしっかりと持っている人が行なうべきでしょう。
投資の知識を持っている人が行なっても大きなリスクと隣り合わせものなのですから、投資の初心者が行なうべきものではないのです。
儲かる時にはたくさん儲かりますが、損失する時にはたくさん損失するのです。