FXもまた、投資の一環ではあるのですが、株式投資とは異なるものです。

投資に魔法はない!正しい知識を身につけよう
TOPICS

FXって?

多少なりとも投資の世界に興味のある人は、FXという言葉もご存知なのではないでしょうか。
FXは信用取引の一種と考えても良いでしょう。
証拠拠出金信用取引、それがFXになるのですが、FXは為替の変動によって利益を目指す、投資の一種と考えて良いでしょう。
一方で、FXはその特徴から、もはや投資ではなくギャンブルに近いゲームだという声もあるほどです。
FXは外国為替との取引になるのですが、FXの最大の特徴でもある、レバレッジを用いなければただの外国為替との両替でしかありません。
為替は変動しますので、それを上手く狙う。
それだけのものでしかないのですが、FXにはレバレッジと呼ばれるシステムがあります。
このシステムのおかげでFXが少々特異なものとして認識されていると言っても過言ではないでしょうね。
本来、投資は10万円の資産があれば10万円分の取引を行なえるものです。
ですがFXの場合、レバレッジと呼ばれている手法のおかげで、レバレッジの係数分の取引が可能なのです。
どれくらいの資産があるのかによって変わってくるのですが、例えばですが、100万円でレバレッジを10に設定すれば1000万円分の取引が可能なのです。
そこでもし利益が出たら大きな利益になりますが、損失となってしまったら自分では支払えないくらいの損失となってしまうケースもあります。
そのため、FXはレバレッジの設定を間違えると一瞬でお金がなくなってしまう事もあるのです。
このため、FXはかなり危険なものなのですが、上手く行なう事で一攫千金を狙えるのも事実です。
特にFXの場合、少額からでも始める事が出来ますので、株式投資を行なうほどの資産は無いけど、FXなら可能。
そのような人はとても多いと言われています。
また、FXはゲーム性がとても高い部分もあるのですが、円と外国通貨の取引になりますので、経済が連動している部分もありますから、決して純然なゲームという事もないでしょうね。
ですが、株式投資以上にゲーム性が高いと言われていますので、その部分ではとても危険な部分もあるでしょうから、FXを行ないたいと思っているのであれば、FXがどのようなものなのかをしっかりと調べるべきでしょう。
「バーチャルFX」と呼ばれているフリーソフトでは仮想通貨でFXを行なう事が出来ますので、どのようなものなのか試してみるのも良いでしょうが、現実のFXの方がシビアです。
これも知っておきましょう。

ウワサのこのネタ、役立つこのサイトが手軽で便利です